船橋松陰塾では、基本的にシャーペンを禁止しています。
ですが、禁止であることを守らない塾生もいます。

以前、塾生になぜ禁止なのかを聞かれました。
私が答えた理由は以下の通りです。
1)筆圧のコントロールができるえんぴつの方が書きやすいから
2)シャーペンの方が芯が折れやすいから

ですが、塾生たちはシャーペンの方が書きやすいと言います。
確かに、シャーペンの方が便利で書きやすいかもしれません。
それ以来、私もえんぴつを使わせることに迷いがありました。

えんぴつは、芯が丸くなってくると削らなければいけないという作業が必要です。
これは、大きなデメリットです。

ですが、今日えんぴつにしなければいけない最大の理由が分かりました。

それは、集中力がない子どもほど、シャーペンで遊んでしまうということです。
芯を入れたり出したり、芯の先で爪をいじったりしている塾生を発見しました。
しばらく見て見ぬふりをしていると、分解を始めました。

これだ!!
これはだめだ!!

来週から、船橋松陰塾ではやはりシャーペンは完全に禁止にします!