今後数年で、日本の英語教育は大きく変わります。

とくに身近な問題としては、2018年から小学校5年生から英語は教科になります。
授業時間も増え、成績評価も加えられます。
現在、5年生と6年生が行っている外国語活動は3年生と4年生に前倒しになります。

これが意味することは、全体的な英語力のレベルアップが求められるということです。

例えば、現在中学卒業の英語習熟目標は英検3級程度です。
それが、英検準二級程度まで引き上げられます。
高校卒業の英語習熟目標は、英検2級程度から準1級程度まで引き上げられるのです。

今後、ニュースでも大きく取り上げられることになりそうです。

これられの英語教育について、私の意見は・・・次のブログに書きたいと思います。

IMG_0910