20日の日曜日にV模擬が開催されます。

船橋松陰塾でもV模擬を取り入れています。
3年の塾生には、受けてもらいます。

特に今回のV模擬は、後期入試対応の試験です。
時間は40分。
本番さながらの試験となります。

この前期と後期の仕組み。
昔と変わったなぁと感じます。

昔は、公立高校と言えば一般入試(後期)のみでした。
ただ、この前後期の仕組みは都道府県によって違います。
例えば、埼玉は3月上旬の一回のみです。

今後千葉でも、前後期入試の仕組みが変わるかもしれません。
いずれにせよ、チャンスが複数回ある千葉は有利な気もします。
ですが、学校自体の学力を均等にするなら、一回のみの方が絶対によいはずです。

この前後期の仕組み。
今後に注目したいです。