今日は、今年最初の開校日です。

午前10時になると生徒たちがやって来ました。
生徒の顔を見ると、疲れたご様子。
学校の宿題に追われている子、夜通しゲームをしていた子、様々です。

ですが、心機一転勉強に励んでもらいました。
お父さんお母さん!みんな頑張ってますよ!

話は変わりますが、昨晩映画を見てきました。
昨年の12月中旬からずっと行きたかったのですが、やっと念願叶いました。
1人でのレイトショー。
寂しい感は丸出しです。

映画のタイトルは、「海難1890」。
エルトゥールル号遭難事件とイラン・イラク戦争時の邦人テヘラン救出劇を描いた感動作です。
登場人物は架空ですが、実話を基にした日本とトルコの合作映画です。

この2つの物語は、会社員時代に本を読んで知っていました。

この話を知った時のことを書きたいと思います。

———————————————–
その時私は、少し混雑した電車の中でした。
出勤時に電車の中で本を読むことが日常的だった私は、その日もドアの端で本を読んでいました。

本を読み続けているうちに、目頭がどんどん熱くなってきました。

やがて、涙が頬をつたい始めます。

少し咽るくらい感情が高まり、どうしても涙が止まりません。

周りの人に見つからないように、咳払いをしながら涙を隠しました。
———————————————–

変哲のない出勤時の朝。
その時私は、日本人であることを心底誇りに思いました。

今回見た映画もとても良かったです。
興味がある方は、是非見てください。

IMG_0896