船橋松陰塾 藤原校 の狭場です。

昨日は運動会でした。
土曜日予定が雨天順延のため、日曜日になったのです。
私も朝から子供の応援に行きました。

運動会が終わり、18時からは修養講義を行いました。
今回は、今の世界で起こっているある難民問題を取り上げました。
それはロヒンギャ問題です。

この問題は、とても複雑で解決することが非常に困難な問題です。
また、ミャンマーの主張や欧米諸国を中心とした国連の見解も大きな相違があります。
SNSの影響で、フェイクニュースも問題になっています。

ただ、参加した塾生に伝えたかったことは、国籍を持たない人々がいるという現実です。
しかも、その多くが子どもだということを。

塾生に問いかけてみました。
「もし自分に国籍がなければ、どうなってしまうのか?」

きっと、国籍の有無について考えることなんて普段はないでしょう。
ですが、本当に国籍がなければ、仕事をすることもできません。
病気になっても簡単に診察してもらうこともできません。
なにより、学校に行くこともできません。

国籍の有無の違いだでけでも、子どもたちは一様に驚いた様子でした。
この違いの意味を理解し、今彼らが当たり前に勉強できることを噛みしめてもらいたいです。

——————————————————————————–
船橋市で個別指導の学習塾をお探しなら、
「完全個別指導 船橋松陰塾 藤原校」
へお気軽にお問い合わせください!

船橋松陰塾 藤原校
担当 : 狭場(はさば)
お電話でのお問い合わせ : 047-401-4401
Eメールでのお問い合わせ : info@funabashi-showin.com
——————————————————————————–