今日で法田中の後期中間テストが終わりました。

みんなどうだったのかな?
結果が楽しみです。

さて、今日は11月23日に参加できなかったグループを対象に修養講義を開催しました。
今回も中高生を含め7人です。

この修養講義、私が子供たちに伝えたいとても大切な講義だと考えています。
しっかりと心に伝えられればいいのですが、こちらも勉強同様に繰り返し伝え続けたいです。
これからも毎月開催予定です。

ちなみに、今回修養講義で取り上げた人物は、「橋本左内」です。
幕末で活躍した武士です。

なぜ彼を取り上げたかと言うと、彼が15歳の時に書いた「啓発禄」を知ってもらいたかったからです。
15歳と言えば、中高生と同じ年代です。

彼が自分のために書いた啓発禄。
5つの内容が書かれています。
1「稚心を去れ」誰かに甘えたい心は捨てて立派に生きること
2「気を振るう」決して負けないように気を奮い立たせておくこと
3「志を立つ」夢をもって努力すること
4「学に勉む」自分の知識を豊かにして心を鍛錬すること
5「交友を択ぶ」益友と損友を選ぶこと

これらのことを15歳で書き記し、実行し続けたのですから本当にすごい人です。

今日講義を受けた生徒も関心しながら聞いていました。
前回参加した生徒を含め全員知らなかったので、知ってもらえただけでも良かったです。